有機デバイス研究会  The Research Association for Organic Devices (TRAD)
(旧東海有機デバイス研究会)

Site Menu

Information
研究会に参加、または入会ご希望の方は、下記事務局まで、ご連絡ください。

有機デバイス研究会
事務局

〒432-8011
浜松市中区城北3-5-1
静岡大学電子工学研究所
担当 川井秀記

TEL : 053-478-1653
e-mail : kawai.hideki@shizuoka.ac.jp
(お手数ですが、@を@に書き換え願います)



これまでの研究会のテーマ一覧


第116回 (2019. 1. 25) 空中ディスプレイの展開
第115回 (2018. 11. 9) 有用菌の科学と産業応用
第114回 (2018. 7. 13) 新型電池の展開
第113回 (2018. 4. 13) 機能性ナノ粒子・ナノシートの展開
第112回 (2018. 1. 26) セルロースナノファイバーの進展
第111回 (2017. 11. 24) ロボットの進化

第110回 (2017. 7. 14) メタマテリアルズの展開
第109回 (2017. 5. 26) インクでエレクトロニクス
第108回 (2017. 1. 27) 光合成関連科学技術の進展
第107回 (2016. 11. 11) ペロブスカイトの応用展開
第106回 (2016. 7. 22) 再生医療の進展
第105回 (2016. 4. 15) 最先端高分子材料と応用
第104回 (2016. 1.22) プリンテッドエレクトロニクス
第103回 (2015. 11.6) エネルギーハーベスティング
第102回 (2015. 7.24) スピントロニクスの展開
第101回 (2015. 4. 24) 吸着分離回収材料の新展開

第100回 (2015. 1. 23) 脳−究極の有機デバイス
第99回 (2014. 11. 7) 微生物の力−エネルギー,環境,資源−
第98回 (2014. 7. 18) 二次電池の最新動向と展望−ポストLIBに向けて−
第97回 (2014. 4. 18) 機能性ゲルの展開
第96回 (2014. 1. 24) バイオイメージングの展開
第95回 (2013. 11. 1) 有機太陽電池の進展
第94回 (2013. 7. 19) ダイヤモンドライクカーボンの進展
第93回 (2013. 4. 19) 最新センサ技術と応用 -安心安全・環境・健康-
第92回 (2013. 2. 8) 水蒸気バリアフィルムと封止技術の進展
第91回 (2012. 10. 26) 透明導電性フィルムの展開 -ITOと新材料-

第90回 (2012. 7. 20) 水に関する科学・技術・ビジネス
第89回 (2012. 4. 27) エレクトロクロミック材料・デバイスの進展
第88回 (2012. 1. 27) 生体に学ぶ材料・デバイス・システム
第87回 (2011. 10. 28) 有機薄膜太陽電池の進展
第86回 (2011. 7. 15) 燃料電池の進展 - 家庭用から自動車用まで -
第85回 (2011. 4. 22) 超高密度・大容量光記録の進展
第84回 (2011. 1. 21) ナノ材料の機能と安全性
第83回 (2010. 10. 29) 自動車関連環境材料の展開
第82回 (2010. 7. 16) ナノフォトニクス・プラズモニクスの展開
第81回 (2010. 4. 23) テラヘルツ関連技術の進展

第80回 (2009. 12. 19) スーパーキャパシタの展開
第79回 (2009. 10. 9) ゲル材料の展開
第78回 (2009. 7. 3) 有機太陽電池の最新動向と展望
第77回 (2009. 4. 24) グラフェンの最新技術動向と展望
第76回 (2009. 1. 30) 近赤外応答材料の展開
第75回 (2008.11. 21) イメージセンサーの展開
第74回 (2008.10. 3) 透明酸化物半導体の展開
第73回 (2008. 7. 4) プリンタブルエレクトロニクス
第72回 (2008. 4. 11) 高機能LEDの展開 --無機と有機--
第71回 (2008.1. 18) バイオベースポリマーの現状と展望

第70回 (2007.11. 22) 分子エレクトロニクス・フォトニクスの展望
第69回 (2007.10. 12) ガスバリア膜の展開
第68回 (2007. 7. 13) 電子ペーパーの展開
第67回 (2007. 5. 18) ナノ粒子ナノファイバーの展開
第66回 (2007. 3. 23) フラットパネルディスプレイを支える高分子材料
第65回 (2006. 10. 27) ナノバイオテクノロジーのデバイス応用
第64回 (2006. 7. 7) 有機トランジスターの応用展開
第63回 (2006. 4. 14) ブロックコポリマーの最新動向
第62回 (2005. 12. 2) ナノコンポジット材料の進展
第61回 (2005. 10. 29) 太陽電池の進展−シリコンと有機−

第60回 (2005. 7. 5) 液晶材料・ディスプレイの新展開
第59回 (2005. 4. 22) 携帯用燃料電池の展開
第58回 (2004. 12. 17) 化学センサの展開
第57回 (2004. 10. 22) 高分子有機ELの展開
第56回(2004. 7. 2) UVキュアの展開
第55回(2004. 4. 23) イオン性液体の展開
第54回 (2003. 12. 5-6) ポリマーバッテリー
第53回(2003. 10. 3) 高分子膜表面・界面の構造と物性
第52回(2003. 7. 11) DNAチップの進展
第51回 (2003. 4. 18) 超高密度記録の進展

第50回 (2003. 1. 15) 生命情報科学
第49回 (2002. 10. 18) ナノカーボンの最新技術動向と展望
第48回 (2002. 7. 19) MEMS技術の現状と展望
第47回 (2002. 4. 19) プラスチック有機ELの展開
第46回 (2002. 1. 23) 有機超薄膜の評価と光電デバイス応用
第45回 (2001. 12. 14) 再生医工学の現状と展望
第44回 (2001. 10. 19) 有機半導体・TFTの進展
第43回 (2001. 7. 11) 紙と電子ペーパー
第42回 (2001. 4. 20) コンビナトリアルケミストリー
        −最近の進展と新世紀への展望−
第41回 (2001. 2. 2) フォトニック分子メモリ

第40回 (2000. 12. 1-2) 分子フォトニクスの展望
第39回 (2000. 10. 27) 高速光通信における有機デバイス
第38回 (2000. 7. 6) フォトニッククリスタル
第37回 (2000. 4. 21) 燃料電池の現状と展望
第36回 (2000. 2. 3) 有機ELディスプレイの現状と展望
第35回 (1999. 12. 8) 近赤外光の新しい応用
第34回 (1999. 7. 2) インテリジェントイメージセンシング
第33回 (1999. 4. 16) 高画質カラープリンターの技術動向
第32回 (1999. 1. 22) 光導波路計測と応用
第31回 (1998. 12. 3-4) ナノフォトニクスの展望

第30回 (1998. 10. 30) 人と環境にやさしい技術
第29回 (1998. 7. 3) 最近のLCD技術の展開
第28回 (1998. 4. 17) フタロシアニンの新展開
第27回 (1997. 12. 9) 分子デバイスの展望
第26回 (1997. 10. 31)有機・無機複合機能材料の展開
第25回 (1997. 7. 11) 次世代フラットパネルディスプレイの現状と将来
第24回 (1997. 4. 25) 空間光変調素子の展望
第23回 (1997. 1. 17) フラーレンの科学と技術
第22回 (1996. 10. 15) 有機膜分散および自己組織化半導体量子ドット
第21回 (1996. 7. 12) 無機および有機ELデバイスの新展開と展望

第20回 (1996. 5. 24) 電磁波による生体計測と治療
第19回 (1996. 3. 15) 高分子の表面機能化にはどのような手法が最適か
第18回 (1996. 1. 12) 立体ディスプレイの現状と展望
第17回 (1995. 10. 27) 可逆感熱記録の新展開
第16回 (1995. 6. 20) 極限域レーザー計測と応用
第15回 (1995. 4. 20) 高分子分散液晶による表示デバイスの新展開
第14回 (1994. 12. 9) 光情報処理・記録ニューガラス
第13回 (1994. 7. 22) 環境対策とリサイクルの科学
第12回 (1994. 4. 15) 超高速光スイッチング
第11回 (1994. 1. 27) 有機・無機ハイブリッド系の新展開
        - 層状複合体の分子設計と光機能材料化の探索-

第10回 (1993. 11. 12) 機能性ポリマーによるエネルギー貯蔵の最前線
第9回 (1993.7. 16) 光記録の新しい展開
第8回 (1993.4. 23) 計算機化学・物理と材料設計
第7回 (1993. 1. 28) 電気光学スイッチングの最近の進歩
第6回 (1992. 11. 17) 熱可塑性エラストマーの新展開
第5回 (1992. 7. 14) バイオセンシング
第4回 (1992. 6. 12) アクティブマトリクス方式大型カラー液晶ディスプレイ関連技術の現状と展望
第3回 (1992. 1. 14) イメージセンサーの新しい展開
第2回 (1991. 11. 15) 有機化合物によるセンシングの科学と技術
第1回 (1991. 6. 24) 新しい非線形光学材料と光デバイスの可能性


HOMEへ戻る

Copyright(c) 有機デバイス研究会  All rights reserved.